プロフィール

徳田しずか

 

  1995年、ギタリストでありピアノの調律師である父と、ピアノ教師の母のもとに鹿児島に生まれる。
1歳から「絶対音感赤ちゃん」として、多数メディアに取り上げられる。
2歳からピアノ、4歳からヴァイオリン、クラシックバレエ、16歳から作曲を学ぶ。
ピアノ、ヴァイオリン、クラシックバレエそれぞれコンクールにて受賞歴あり。

 高校時代に始めたバンド活動を通して、ポップスやロックのリズムやコード感に興味を持ち、作曲活動においてもクラシックだけでなくジャンルが多様化した。

2018年3月、鹿児島大学法文学部経済情報学科卒業。

 現在もバンド活動を続けている。
トップミュージシャン(木村万作、末原泰史、大槻啓之、大槻水澄、山内薫、稲葉政裕、海老原真二)との共演も多数経験。多大な影響を受ける。
 現在、鹿児島を拠点に作曲活動、演奏活動と、精力的に音楽活動を行っている。